スマート蓄電システム

大容量・高性能・高品質でありながら低価格な家庭用蓄電システム

スマート蓄電システム

​スマート蓄電システム5つの特徴

特徴①

11.8kWhの大容量を備え、さらに安全・低価格

特徴②

業界トップクラスの電力変換効率・高出力のハイブリッドPCS

特徴③

​停電時でも自動で蓄電池からの自立運転に切り替わり、家じゅうのコンセント(全負荷)が使え、200V家電も利用可能な「スマートスイッチボックス-H」

特徴④

AI機能を搭載した、蓄電池の充放電を最適制御・常時監視する「スマートAI」※2

Point 1

「高性能」「高品質」「長寿命」を実現

smartsolar社が企画した商品を、太陽光発電業界トップクラスのグローバルパートナーと共同で開発。

また、スマート蓄電システムは製品保証10年(有償で15年保証可能。)充放電6,000サイクル以上、防水・防塵に対する耐久性は業界トップクラスのIP65相当を有します。

■世界基準の性能と品質          

■長時間使い続けられる耐久性         

map.JPG

太陽光発電40年の豊富な経験とネットワークで世界のトップクラスの企業と共同開発。

​世界基準の技術と高品質の商品をご提供します。

bousui.JPG

スマート蓄電システは1日1回の充放電(1サイクル)で15年以上の稼働が見込めます。

​また、耐久性の高い構造のため塩害地域にも設置可能です。

「今までの日常をもっと賢く、経済的に」

Point 2

大容量のスマート蓄電システムは、AI搭載機能の「スマートAI」で、蓄電池の充放電を最適制御。

月々の電気料金がお得になるよう、気象情報と連携して発電量を予測し、電気の使用状況により、蓄電池を最適にコントロールします。

​使えば使うほど、AIがご利用状況を学習し、より最適な制御が可能になり経済的です。

■余剰電力をほぼ全て蓄電する大容量蓄電池 

■蓄電池充放電をAIで最適制御                      

自家消費モード(グリーンモード)

自家消費モードとは、太陽光発電で作った電力の余剰分を、蓄電システムに充電して太陽光の出ていない夜間や早朝などに活用する自家消費を有線したモードです。

太陽光発電と蓄電池

注)電力の使用量によって異なります。電力会社から電気を購入する場合があります。

Point 3

​「停電時でも普段通りの生活」

停電が予想される災害情報を受信すると、蓄電池に充電を開始。停電になると、自動で自立運転に切り替え、家じゅうのコンセントから電気が使えます。しかも照明やテレビなどの100V家電だけでなく、IH調理器やエアコン、エコキュートなどの200V家電も使えるので普段通りに過ごせます。

■家じゅうのコンセント(全負荷)が使える 

■200Vの家電も使用可能                         

1

災害対策モード(災害警報発令時)

台風や大雨などの警報が発表されると災害対策モードに切り替わり、自動で蓄電池に充電して停電に備えます。

2

自立運転モード(停電時)

停電時は太陽光発電と蓄電池のみで電気をまかないすべてのコンセントがお使いになれます。

蓄電池の動作

1

自動で蓄電池に

​充電開始

2

電気を供給

災害

​警報

battery.JPG

「スマート蓄電システム」は、​今お使いの太陽光発電システムを活用して自家消費することができます。

既設の太陽光発電システムの例

●平均3~4kW 太陽電池パネルと

​ 3~4kWのPCSの系統連系システム

太陽光発電
パワーコンディショナー

既存のPCSをハイブリッドPCSに取り替えます

スマート蓄電システム

​ハイブリッドシステム-S

ハイブリッドパワコン
スマートスイッチボックス
スマートAI
スマート蓄電S

スマート

​スイッチボックス-H

ハイブリッドPCS

スマートAI

スマート蓄電S

停電時、瞬時に

​自立運転へ切り替える装置

太陽光で作った電気や蓄電池にためた電気を変換する装置

蓄電池の充電・放電を

​最適化する装置

作った電気・買った

​電気をためる装置